若者の憧れでもあります。

六本木は「ろっぽんぎ」と読み、東京都港区にある地域のことです。
六本木は1丁目から7丁目まであり、繁華街としてのあでやかな面もあれば、高層ビルなどが建つ地域もありさまざまな面を持っています。
地名の由来は、そのあたりにあった大きな屋敷の庭に6本の大きな松があったという説がひとつあります。
また別には、「上杉」「朽木」「片桐」「高木」「一柳」「青木」という大名家が、江戸城にもあまり遠くないこの地に屋敷を構えていたそうで、
その六大名の苗字に「木」に関係する名前がついていたことによるという説があります。
現在では六本木ヒルズが有名です。
ヒルズ族という言葉も生まれたこのビルにはIT企業など新進の実業家が住んでいることもあり、若者の憧れでもあります。

1階の魅力

結婚して賃貸マンションを探す時、私が重視していた点は「1階」です。

意外かと思いますが、1階が便利だと思い条件の1つにしていました。実家が一戸建てですぐに外に出られるのが当たり前だったこともあり、マンションにも同じような環境を望みました。

郵便受けの確認やゴミ捨てもすぐ出来ますし、エレベーターなどで階上に上がる時間もかかりません。さらに1階は家賃が安いこともあるのでお得です。

子供が生まれた時には騒音で下の階に迷惑をかける心配がないですし、他階のベランダより広い庭やデッキがあるケースが多く、子供を遊ばせることが出来るのも魅力です。

現在1階に住んで4年になりますが、ベビーカーの持ち運びが便利だったりとやはり助かることがたくさんあります。1階を嫌う方はたくさんいますが、このように良いところもたくさんありますので一度検討してみてはいかがでしょうか?